東進の冬期特別招待講習

【合格体験記2020】徹底的に基礎を固め過去問演習で大収穫!【大阪大学合格】

大阪大学 経済学部 合格
大村高校 卒業
松川要くん

実際に入試を意識し始めたのは高2の1月で、そこから1年間、挫折と立ち直りの連続だったが、模試のおかげで自信を重ね、本番は楽しく臨めた。

東進の良いところは学習管理は基本自分、先生や担任の厳しくも充実したサポートを受けながら勉強ができること。
進路はもちろん、学校でのことなども大学生の担任助手や先生と話し、アットホームな環境で学習しやすかった。
勉強だけでなく、学習中の周囲への気遣いや他校生との交流など、成長へのチャンスがたくさん転がっていた。

僕は東進では、高速マスターや受講を通してとにかく基礎固めを完璧にした。英単語、計算、漢字、文法など必要だと判断したものは頭にたたきこんだ。
何度も繰り返して、同じことでも根気強く行うことが、次のステージへの鍵だと思う。
こうした基礎と思う箇所を潰していくことで、夏やその後の過去問演習の1回1回にとても大きな成果がついてくる。
せっかくやるなら最大限の収穫のある過去問演習にしてほしい。

この大学受験を通して、自分が想像以上に支えられていることを実感し、そして、合格と言う最大限の恩返しもできた。
家族、学校の先生方、東進の先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

0
東進の冬期特別招待講習